お知らせNEWS

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安
新型コロナウイルス感染症について連日報道があり、ご心配のことと思います。

既にご存じかとは思いますが、下記厚労省より現在の注意事項です。
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596905.pdf

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと

○ 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。

○ 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

2.帰国者・接触者相談センターに御相談いただく目安
○ 以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センターに御相談く ださい。
・ 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方 (解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。 )
・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

○ なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場 合には、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
・ 高齢者 ・ 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)の基礎疾患がある方や透析を受 けている方
・ 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方 (妊婦の方へ)

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに御相談ください。

(お子様をお持ちの方へ) 小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウ イルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。

○ なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多 い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、か かりつけ医等に御相談ください。

杉並区帰国者・接触者電話相談センター 電話:03-3391-1299
 受付時間:午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日を除く)

上記以外の時間は、以下に相談してください。
都・特別区・八王子市・町田市合同電話相談センター 電話:03-5320-4592
 受付時間
 平日:午後5時から翌日午前9時まで
 土曜日・日曜日・祝日:終日(24時間)

杉並区HP
https://www.city.suginami.tokyo.jp/news/r0201/1057542.html

なお、当院では職員の手指消毒、マスク着用、ドアノブ等の消毒など感染対策を実施しております。
新型コロナ感染症について 注意事項です
中国湖北省武漢市を中心に、世界中で新型コロナウイルス感染症が発生し、日本国内でも感染が確認されています。
公衆衛生の観点から、下記の症状のある方は、来院前に必ず杉並保健所「杉並区帰国者・接触者電話相談センター」あるいは東京都「帰国者・接触者電話相談センター」にご相談ください。

① 2週間以内に武漢市を含む中国湖北省への渡航歴があり、発熱や咳症状のある方
② 2週間以内に武漢市を含む中国湖北省への渡航歴があり、発熱や咳症状のある人との接触がある方

杉並保健所「杉並区帰国者・接触者電話相談センター」
電話番号:03-3391-1299
受付時間 :9:00~17:00(土日祝日を除く)

東京都「帰国者・接触者電話相談センター」
電話番号:03-5320-4509
受付時間 :9:00~21:00(全日)

当院を受診される際は、事前にご連絡いただきマスクを装着してご来院ください。 詳細はこちら
3月15日 休診
3月15日休診いたします。
Web予約 本日よりご利用ください
本日より2月5日開院日以降のWeb予約可能です。どうぞご利用ください。

なお、「風しん抗体検査と予防接種」「高齢者肺炎球菌予防接種」の杉並区助成には3月以降対応いたします。
また、「杉並区健診・がん検診」は来年度より対応いたします。
新規開院のお知らせ
令和2年2月5日(水)新規開院。

診療案内TREATMENT

連携・紹介先病院

東京医科大学病院、慶應義塾大学病院、東京女子医科大学病院、東邦大学医療センター大橋病院、国立国際医療研究センター病院、東京山手メディカルセンター、浴風会病院、荻窪病院、厚生中央病院、佼成病院、がん研有明病院
ご希望を伺いその他病院にもご紹介します。

院長ご挨拶GREETING

院長 鈴川満雄

皆さんこんにちは。院長の鈴川満雄です。
この度心筋梗塞、脳卒中、心不全など循環器疾患の予防を中心に皆さんのかかりつけ医としてお役に立ちたいと考え自宅一階にて医院を開業いたしました。
人生百年といわれる時代となりましたが、人は血管から老いると言われています。高血圧、糖尿病、脂質異常症など動脈硬化のリスクファクターを包括的に管理し、心筋梗塞、脳卒中、心不全など循環器系の生活習慣病の予防、健康寿命延伸のお手伝いをします。
また、心身より健康な毎日をより長く過ごしていただけるよう、ご家族のかかりつけ医として健康相談、種々の健診・検診、予防接種、痛み、発熱、動悸、めまいなど様々な症状の鑑別診断・治療・二次医療へのご紹介、介護との連携など地域の皆さんに寄り添い医療ニーズにお応えします。

院長鈴川 満雄

医院ミッション

  • 患者さん中心の医療
  • 医学的根拠と患者さんの意向に沿って治療方針の決定
  • 丁寧で分り易い説明
  • 適切に二次医療に紹介
  • 介護との連携